岡山済生会看護専門学校

MENU

新着情報

2年生の看護の統合と実践Ⅰの授業で病棟の指導者から看護技術指導を受けました。

 129日から始まる臨地実習を目前にして、看護の統合と実践Ⅰの技術試験に向けて毎日看護技術の練習をしている2年生です。
主な実習先である、岡山済生会総合病院の臨床指導者が当校に来て指導してくださっています。学生が実習中に実施できる援助を、患者さんへの援助の実際などを踏まえながら指導してくださいました。学生からは、「看護師さんのコミュニケーション能力がすごい」や「現場の話が聞けて良かった」という声が聞かれ、長い領域別実習を前にとても貴重な時間となったようです。
 3日間に渡り指導者が48名来られます。一度会ったことがある指導者が実習先の病院で待っていることは、緊張して実習に行く学生たちにとって、とても安心できる環境です。

輸液ポンプの様子
DSCF6404

酸素吸入の援助の様子
DSCF6415(修正)