岡山済生会看護専門学校

MENU

新着情報

3年生は今学校で…

 前年度の2月から臨地実習で学習していた3年生は、5月末から6月中旬まで学校内で学習をしています。
「看護研究」や「看護の統合と実践」の授業が中心です。また、この時期は、就職の採用試験を受ける人も多くいます。

「看護の統合と実践」の授業では、事例の患者さんに対して、今後どのようなことが起こる可能性があるのか、起こった場合どのような看護介入が必要なのかグループで話し合います。そして、他のグループの看護介入の発表を聞き、意見交換を行います。
DSCF6899 DSCF6902 DSCF6919
 
 その後は、より充実した看護介入についてグループ毎に実習室で演習を行っています。
「この方法が患者さんにとっては安全なのでは」「実習ではこんな風にしてたよ」など、実習で学んだこともふまえてグループで看護介入の方法を考えています。
【演習風景①】
DSCF6952
【演習風景②】
DSCF6954

やっぱり、実習で学習をしている3年生!2年生のときよりも、看護介入がより具体的に実践できています。