岡山済生会看護専門学校

MENU

新着情報

2年生が災害救護訓練に参加しました

 928日・29日に岡山県の国立吉備青少年自然の家で災害救護訓練が行われました。滋賀県済生会看護専門学校・大阪済生会中津看護専門学校・大阪済生会野江看護専門学校・岡山済生会看護専門学校の4校合同で行われ、当校の学生76名を含む、総学生数229名という大人数での訓練でした。
 日本赤十字社の職員の方から、「災害現場では全員が一致団結しなければ自分だけでなく被災者やチームメンバーも危険にさらされることになる」という指導を受け、リーダーの指示の下で統率のとれた行動を行うことの重要性や、包帯法や担架操法、非常食の炊き上げなどの演習、災害現場での活動についての講義を受けることで、災害時の援助についての基本的知識や技術、態度を学びました。 
 この訓練は、他校の学生と関わり合う数少ない機会でもあります。交流会では当校の紹介をし、ゲームをして交流を図りました。寝食を共にし、訓練や交流会などの12日の共同生活を送ることで、済生会看護専門学校の横のつながりを作っていました。学生からは「他校の友達ができた」「他校のみんなと仲良くなれて良かった」などの声が多くありました。
 「晴れの国おかやま」ではありますが、台風の影響には勝てず29日は生憎の雨となってしまいましたが、学校での学習から少し離れ、自然の中で他校の学生と共に訓練・共同生活を行うことで、身も心もリフレッシュできたようです。

DSCF7310  DSCF7415

DSCF7350 DSCF7335

DSCF7332 DSCF7330