岡山済生会看護専門学校

MENU

新着情報

1年生が基礎看護学Ⅰ後期の実習を終えました。

 1年生(44期生)は126日から始まった基礎看護学実習Ⅰ後期で、はじめて受け持ち患者さに看護させていただきました。これまで学校で学んできた看護技術をふまえ、患者さんの状態に合わせた日常生活の援助をはじめ、受け持ち患者さんとコミュニケ―ションをとり患者さんの思いを知ること、そして、直接的な症状の観察を行いました。
 すべてが初めてであり、不安と戸惑いの入り混じる中、6日間の実習を終えることができました。出会うことができた患者さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

実習期間終了後、グループで振り返りをしている様子
DSCF7590

そして実習を終えた学生たちは、各人が体験してきたことを発表し、グループごとで一つの事例についてさらに内容を振り返りました。グループ間で意見を出し合うことで、一人の力では得ることができない内容の知識や技術を修得することができました。

1年生全体実習報告会の様子
DSCF7599