岡山済生会看護専門学校

MENU

新着情報

2年生が災害救護訓練に行きました

  927日・28日と12日で災害救護訓練を行いました。毎年国立吉備青少年自然の家を利用し、今年で21回目となります。参加者は、西日本の済生会看護専門学校4(大阪中津・大阪野江・滋賀・岡山)2年生です。今年は当校の74名を含む総勢239名の学生が集いました。
  災害現場での活動についての講義や、日本赤十字社岡山県支部の方からのご指導のもと、基礎行動、担架操法、三角巾を使用した包帯法、非常食の炊き上げなどを実際に体験しました。学生からは「救護に来ているという自分の気持ちだけでなく、被災した人々にとって本当に必要なことなのかを考えることが大切だと思った。」などの感想が聞かれました。
  交流会では、各校の特徴や実習着の紹介、チームに分かれてのゲームで盛り上がりました。同じ目標をもった済生会看護学生の仲間として、切磋琢磨し、目標に向かっていける力を得ることができた充実した合宿となりました。