岡山済生会看護専門学校

MENU

新着情報

1年生が皮下注射の演習を行いました。

 看護技術の授業で、皮下注射の演習を行いました。注射器の準備、薬液の吸い上げ、皮膚モデルを用いて実際に注射をしてみることで、学生は“看護師らしさ”を体感していました。看護師らしい援助技術ではありますが、注射は痛みや感染といった苦痛や危険を伴うものです。学生からも「モデルとは分かっていても、人に針を刺すのは怖い」「危険を伴う処置だからこそ、技術を確実に習得しておきたい」「声をかけてもらうということが安心につながるということを実感できた」という意見がありました。1つの注射という看護技術を通して確実な技術を習得することの意義や相手の立場にたって看護技術を提供することの重要性を学んだようです。