岡山済生会看護専門学校

MENU

新着情報

47期生の入学式を行いました

 410日(土)47期生の入学式が岡山済生会総合病院の「さいゆうホール」で行われました。朝は肌寒さを感じましたが、式の間に春の暖かい陽射しとなり、47期生を温かく迎えてくれました。
 新型コロナウイルス感染症予防のため、保護者の方の出席はなく、新入生と病院からの来賓、学校職員のみの入学式となりました。そのため、保護者の方には入学式の様子をインターネットでライブ配信をするという方法となりました。 
 山本学校長は祝辞で、「看護学校での3年間で共に学ぶ仲間をつくること、そして看護師として必要な知識技術をつけてほしい」とで述べました。
 新入生を代表し、青山 航さんは、母親の看護師として患者さんに寄り添う姿を見て看護師を目指そうと思い、自身も患者さんにとって疾患を治してくれる希望の存在で、病気と闘ってくれる仲間と感じてもらえるような看護師となりたい、と誓いの詞を述べました。
 入学した47期生は、これから77人で看護師への道を進んでいきます。看護を学ぶ仲間をつくり、その仲間としっかり協力して、看護の基礎を学んでいってくれることを期待します。