岡山済生会看護専門学校

MENU

新着情報

1年生が皮下注射の演習を行いました。

 基礎看護技術の授業で、皮下注射の演習を行いました。注射器の準備、薬液の吸い上げ、皮膚モデルを用いて実際に注射をしてみることで、学生は“看護師らしさ”を体感していました。

 看護師らしい援助技術ではありますが、注射は痛みや感染といった苦痛や危険を伴うものです。学生からも「人の身体に針を刺すのは怖いと思った」「自分が患者側のとき、看護師役からの言葉(の声かけのおかげ)で少し不安が和らいだので実施中の患者への言葉かけ(の声かけ)が大事だと思った」「間違いが起こらないように何度も確認をすることが安全につながる」「針を動かさないように固定しておくことの難しさと大切さがわかった」などの感想がありました。
 
 注射という1つの看護技術を通して安全の必要性、確認行動の意味、確実な技術と共に患者に対する言葉の必要性(意味)を習得することができたようです。これらの看護技術が患者の苦痛を最小限にすることができることを学んだようです。