岡山済生会看護専門学校

MENU

学校紹介

学校紹介

教育理念

済生会創立の理念である「救療済生の精神」は、あらゆる人々に手を差し伸べる“済生の心”である。その心を基盤とし、対象の権利の保障と安全を最優先に考え、その実現を目指す態度や豊かな知性と感性を備えた人間を育む。さらに、看護実践に必要な専門的知識・技術・態度を身につけ、保健医療福祉に貢献できる専門職業人を育成する。

教育目的

人間尊重を基盤とした看護観を培い、社会の一員としての使命と責任を自覚し、保健・医療・福祉に貢献できる基礎的能力の育成をはかる。

教育目標

  1. 人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として理解する能力を養う。
  2. 専門職業人として、共感的態度及び倫理に基づいた看護観を持ち、行動する能力を養う。
  3. 対象者の健康問題を解決するため、科学的根拠に基づいた看護を実践する基礎的能力を養う。
  4. あらゆる健康レベルに応じた看護を実践するための基礎的能力を養う。
  5. 対象者の療養生活の安全確保の重要性を理解し、実践するための基礎的能力を養う。
  6. 保健・医療・福祉チームの一員として看護職の役割がわかり、調整する基礎的能力を養う。
  7. 社会人として自立し、人との関係がとれ、自己の人間的成長と専門分野について自ら学習、研究する態度を養う。
  8. 看護する喜びをエネルギーとし、社会に還元する態度を養う。

沿革

昭和33年9月 恩賜財団 岡山済生会総合病院附属高等看護学院2年課程開設
昭和50年4月 3年課程新設 第一看護学科
2年課程を第二看護学科とする。
昭和51年4月 学校教育法一部改正により専修学校として認可され、岡山済生会看護専門学校と改称
昭和52年11月 岡山済生会看護専門学校を現在地に移転
昭和63年4月 第二看護学科廃止
平成4年4月 1学年定員50名・総定員150名に変更
平成7年1月 専門士「医療専門課程」の称号付与の認可
平成28年4月 1学年定員80名・総定員240名に変更

灯の像

新校舎1階エントランスにある「灯の像」は
絶えず優しい心でみなさんをみつめています
灯の像 彫塑家 黒田嘉治 作
灯 それはシンボル 看護する あなたの やさしい 心のともし火 作者記

校歌

校歌

1
春の朝も秋の夜も 操の松の色も濃く
みとり人我等にさとすよう つねに変わらぬ心もて
謙譲なれや強かれと

2
夜ひる澄みてよどみなく 旭の水は旅ゆきて
みとり人我等にさとすよう 清く澄みゆく心持て
天使となれや人の世に

3
朝日をあびて輝ける 壁にきざみしレリーフの
みとり人我等にさとすよう いつも変わらぬ愛の手に
済生の精神育めと

作詞:松村 鈴子  作曲:水野 康孝