“いのち”は何よりも尊いから、私たちが明日の医療の道標になります